FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

怖い人?(その2)

2013/11/27 16:54 

すべての書類が揃い、VISA申請に行ったのは先週の月曜日の事。

本当にその書類揃えるので苦労した。

現地会社の証明書は勿論、戸籍謄本他身元や背景を証明する書類(もちろん家族全員の分も)、給与や資産の証明書、そして英語力を証明する書類一式である。

もちろん定型フォームなどあり、すべて英語で用意(戸籍謄本等その英訳のとそれが正しい内容である保証機関による保証書まで)しなければならず、個人で書類を揃えるのにはキツいものがあり、結局専門業者にお金を払って作成の手伝いをしてもらう事となった。

つい最近VISAのシステムは大幅に変わったらしく、検索したらここに結構詳しいことが載っていた。

まあとにかく申請すればそんな簡単にただで発行してくれる代物とは違うわけだ。


で後日談になってしまうがその申請時、英国査証申請センターに行った時の話である。

書類提出時には同行の渡航者であるわたしも当日の写真と指紋までとられるので、一緒に行かなければならなかった。

入り口は厳重でパスポート、目的書類提示、金属探知機まで使われ、電子機器類(携帯まで)も止めさせられた。

とはいえ施設自体はそれほど広くもなく、申請の会話も多少は聞こえる広さ。

問題が起きたのは申請手続きの間、とてもおかしな女が申請対応の係員に大騒ぎで話した内容。

一部あまり良く聞こえなかったのだが、だいたいの内容を要約すると、

・その女は幼い頃に誘拐されて国を転々とし、ある日解放された。

・バックボーンが判らないので身元を証明するものを一切(パスポートも)持っていない事。

・総理大臣である麻生(今の総理大臣じゃないんですけどぉ、と心の中で軽く突っ込み入れたけど)の陰謀でそういう目にあったらしい。

・陰謀は麻生と小泉と菅(全員元総理だってば、で仲良かったっけ??)の祖父らが作った巨大陰謀組織によるらしい。

そんな作り話(かはたまた本気で頭の中で思い込んでるのか)を滔々と係員に話して、とにかく日本を出てイギリスに行きたいのでVISAを発行してほしいというわけであった。

・・・・・・・・

ていうか目も点になったけど。

係員は慣れているのか、というよりその女の対応だけ奥から急に出てきた係員なのだけれど、淡々と受け流し、パスポートがまず無いと発行も何も出来ないと言い渡していた。

でもそういう身の上なので自分の証明が出来ないのでパスポートがないという女。

いやいやいや〜、パスポートだけじゃないでしょ、必要なの。
(ってまた心の中で突っ込んだ)

わたしそういう可哀想な身の上だから本当に困っているんです、なんとかして下さいとか泣き落とし(涙声で嗚咽まで漏らしていた)だのの押し問答で、だんだん声が大きくなる女。

最後はあなたそんなにお金が欲しいの、とかなんとか逆切れ。

ここまで来るとなんか怖かった。

外の警備員何してたの、なんでこんなの通したの、って思った。

結局係員はパスポートもって来てくださいの一点張りで通すつもりらしく、じゃあパスポートどこで取れるんですか、パスポートセンターです、じゃあパスポートセンターの場所教えて下さい、でたらい回しに落ち着いた。

女は係員にわざわざプリントアウトさせたパスポートセンターの地図握りしめて出て行った。

なんか最後は怖かった。

しかも係員がプリントアウトしてくるまでの間、私たちの後ろの席に座り、わたしたちにその陰謀が権力者によって行われ、とても日本は怖い所だと思いません?と話しかけてきたし。

本気で思ってるんだか、そんな荒唐無稽な作り話で押し通すつもりなのか、とにかく頭が行っちゃてて怖かった。

こんな人が偶然来る日に運悪く巡り会ったのは凄い確率なのか、実はこんなおかしな人が申請しに来るのはよくある事なのか謎である。

係員の人は大変だな、わたしにこんな人の対応はとてもできないなーと思った次第であった。


スポンサーサイト

テーマ : 思うこと感じること - ジャンル : ライフ

我思うのは・・・Comment(0) | Top ▲

怖い人?

2013/11/19 07:58 

今現在ウィークリーマンションに住んでいる。

VISAがなかなか取得出来ず、ホテル暮らしでは資金的に恐ろしいことになるからそうなったのだが。

こういうのを使うのはどういう人なのかとかんがえさせられる事があった。

例えば数週間以上になる長期出張、あるいは赴任でとか。

地方からの受験で上京、複数受験とその後の結果待ちにとか。

まあとにかく普通の人はホテル暮らしよりは安いからで、ホテル代わりの宿だよね。


なんでそんな事を考えたかって言うと、この部屋のポストにギッシリ通販会社からの請求書が突っ込まれていたから。

もちろん全然知らない人、以前にここを利用していたであろう人宛。

当たり前だが違法なので他人宛郵便物は間違っても開けていない。
(そもそもここの住所どこにも教えていないし登録もしてないし、郵送先にもしていない、のでうち宛の郵便物が来る筈も無い)

郵便物にはしっかり請求会社名と「請求書」って外側に目立つように書いてあるし、何通も同じ会社からのある場合、最後には(もうポストの中が層になってる)「最重要」の文字も書かれているから。

既に来週にはここにきて一ヶ月なのだけど、その間も地層は厚くなっている。

全部同じ人宛。

ちなみにポスト使わないくせに何故見るるかっていうと、宅配ピザとかダイレクトメールまで放置して処分しないと、ポストが溢れてきてしまって、それはそれで防犯上良くないから。

しかしこれ、どういう人でどういう状況なのかしらね?って、誰でも思うでしょ。

想像たくましくなるよね?

1.帰ってしまい、普通に請求書はすっかり忘れてしまった。: あり得ないぞ〜断言出来る!請求書の数、通販会社の数も複数、数が異様に多すぎるからだ!!

2.帰ってしまい、一応は分かっているけど、居所不明になれば請求なんか無視しても平気さ、いざとなれば払います忘れていましたと居直れると、頭のレベルもモラルも低い人。: これが一番可能性高いか?

3.もう最初から詐取目的の短期滞在。名前は偽名。商品は要らん物は転売目的?: 可能性なきにしもあらず。何故って名前をネット検索かけてみた。数人引っかかったけど、一番ヒット数多かったのは名前部分をひらがなにしたAV孃。

どれだ?

このマンションは入り口だけは防犯が厳しく、住居部分には鍵が無いと入れない仕組み。

郵便ポストも居住域内、しかも鍵がロック式なので他人は見る事も開ける事もできない。

しかも全戸がウィークリーマンションなのではなく、一部だけ(もしかしたらこの部屋だけかも?)がこういう形態になっている模様。
(ゴミ出しの方法を住民捕まえて聞いたから(笑))

そんなこんなのマンションの状態を考えると、違法使用にもの凄く適しているわけだ。

マンション提供したウィークリーマンション契約会社も、直接メンテしてる風でもなく、出入り多くて放置なのかな。

通販会社も料金後払いの場合、こんな人は織り込み済みの損失計上なのかなぁ。

世の中ブラックな人も居るもんだと思わされたのであった。



テーマ : 思うこと感じること - ジャンル : ライフ

我思うのは・・・Comment(2) | Top ▲

他人のお家騒動は楽しいね!

2008/11/29 17:38 

昨日新聞朝刊を見ていたら、『「一澤帆布」相続争い、「長男側の遺言書は偽者」、大阪高裁判決、三男解任取り消し』

の文字が社会面から飛び込んできた。

あ~あの布かばんメーカーのお家騒動ねぇ、前にちょっとPC入れる可愛いトートバッグ探していた時にネットで引っかかった鞄メーカーのお家騒動のすったもんだだな、と思い出した。

その当時は鞄探しそのものに夢中だったので、どうでも良い話題だし、歴史と財産のある会社はとかく大変だね、程度にしか思わなかった。


が、今回判決内容とその争いの全容を知るため検索してみたら・・・・・うは~!、な好奇心が!!

事実はホント、小説よりも奇なり、だね!!


お家騒動の争い内容は書くのがダルいので、「一澤帆布」で検索かけてみてくれ。(Wikiまであるよぉ!)


ただ既に現実的、実質的な決着はとうの昔に付いている。

すなわち今回の判決どおり、長年実質家業を切り盛りしてきた三男が、永く家業から離れていた長男が先代の死の後急に第二の遺言状をたてに家督を要求してきたのを、職人そしてさらに仕入先や取引先共々新会社への移行によって退けた、てことである。

いくら相続の正当性を(でっちあげ)唱えても、ある日いきなり他からやってきた経営者と名乗る、現場の苦労も何も知らない部外者に、職人が従うはずはないのである。


ブランドの力は会社を支える職人の手にかかっているのだからさ。

まあこの長男、元は銀行屋だから経営に関する妙な自信があったのかもしれないなぁ。

でも、過去に裁判で勝ったにも関わらず日経ビジネスにうまうまとのせられて『敗軍の将、兵を語る』のインタビューに「家督は長男が継ぐもの」とか、「布なんか金を払えば買えます」とか言っちゃうあたり、全く切れ者とは思えないけど。


でもこの相続争いで怖いな~と思ったのは、ドラマや小説では筆跡鑑定とか現代ではちゃんとできるモノだと思ってたのに、あまり正確に証明はできないんだ?ってこと。

だいたいボケた時期に書かれたとする遺言状に効力持たせるのがそもそも怪しい判決だよ。

もう死んでしまったけどうちの祖母なんか、ボケた末期は訳解らなかった言動多々だった。

それとその時興味深かったのは、ボケで人に対する好悪の感情すらたまに逆転しちゃったりすること。

感情の回路が混乱して、違うデータ同士でくっ付いたり途切れたりするとか??


あ~でもでも、よく考えたらうちは怖くないか。

だってそんな争うほど財産無いしねぇ。






テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

我思うのは・・・Comment(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。