FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

二人で断捨離!?

2013/05/28 23:33 

旦那のとりあえず先に赴任の日が6月2日になった。

・・・・・・・・・・・・・・

ヤッホー!やっと自由な日々が来るぞぅ~!!

ということで早く行ってほしいです。(by鬼嫁)

このところ赴任に伴う色々なストレスで毎日怒りまくりで早く落ち着きたいのだ。

家はとある1社に売買委託を10日ほど前にお願いし、
一昨日に内見しに来た家族がかなり好感触で金額の折合いがつけば売れるかも。

ふー賃貸しとか面倒は嫌なので、これで落ち着けばいいかなー。



しかしながら毎日もっともストレスの元になっているのが
トランクルームに預ける家財と配送する家財のスリム化である。

要するに断捨離である。

わたしはその時々で執着するものはあるが、
あまり思い出の品だのと色々物はとっては置かない性格である。

3年経っても顧みないものは必要のない思い出である。

3年経っても使わない物は使用しない物である。

3年経っても着ない服は着ない服である。

まあ服は礼服とか例外はあるが、到底着れない年齢を要求するものがあるし
何より流行があるしなぁ。

ただ、古い服でダイエット奮起の為に取っておくのはいいかもしれない。

実際やったし。

わたしの場合物欲を断ち切れないので、は無理だが捨離はできる。


だが旦那の場合その逆で、ものすごく物を捨てるのを惜しむのである。

はできるが、捨離が出来ないという、二人合わせてヤンマー(古っ!)である。

一間のクローゼットが個々の部屋にあるにもかかわらず、
旦那の服はクローゼットから溢れている。

部屋の開けないカーテンレールに、クローゼットの上枠に、
いくつものハンガーがかかっている。

勿論服だけでは済まない。

パンクで買い替えた前の自転車(部品を使えるかも、だそうだ)や
古い情報誌(思い出に浸るそうだ)、
清涼飲料についてたオマケ(希少価値が出るかも?)、
夏ごろ駅前で配ってた宣伝広告のついた団扇とか(10枚以上ある)・・・・・

とてもじゃないがここに書きれないほどあるのだ。


しかし、レンタル倉庫またはトランクの月極料金を見たらそうも言ってられない。

金を払ってゴミを預けるという愚に多少は気がついたらしい。

3日前から大奮起で処分している。

だが兄弟の巣立った実家に部屋の空きがあるとかで、
そこにいくつか箱を送ってしまった。

・・・・・箱はもう送り返してこなくていいよ。

こんな息子に育てた責任はゴミ預かりとして払ってもらう、うん。


自分は旦那が行ってしまったらゴミ捨てを始める。

なぜなら旦那の前で捨てると嫌みと文句言われるし、
何よりこっそり回収される場合があるからだ。

捨てたはずの5年前の会社四季報が旦那の部屋から出てきたことがあったし。

まーでも自分も大好きなディズニーグッズは捨て難い。

しかし心を鬼にして捨てないと・・・・・

そんなこんなで今は家の中のものをどう整理するかで毎日気が重いのであった。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

海外赴任Comment(2) | Top ▲

家をどうするかの3通りの方法

2013/05/13 17:15 

海外赴任の任期が決まっていない状態で今一番大問題なのは英語ではなく、家のことである。

まあ英語は私だけの問題で、行ってからも引き続き勉強すべきことであって、どこでもできることだからでもあるが。

家の問題は時期や期間が決まらなかろうが、今からどうしても準備行動しなければいけない問題である。

まず家というのは住んでいないとその劣化速度は倍以上になるからである。

旦那の同僚で9カ月赴任したマンション住まいの人の話を聞いたところ、不在で帰ってきたら押し入れの布団にキノコが生えていたそうである。

ひぃ~!

うちはお風呂場周り、玄関などはかなり日当たり悪く湿気に悩まされている。

というか1階と2階部分、南側と北側部分の温度湿度の落差がひどく激しい。

半年でもカビとキノコがびっしり生えるのは容易に想像できる・・・・・

生理的にも、(アレルギー)体質的にも、それは看過できない問題なのである。



そこで対処する方法はいろいろ考えて3つになる。

 1.家の留守中有料管理会社に維持を委託する
 2.家をリロケーションサービスを通じて他人に賃貸しする
 3.家を(すっきり)売り払ってしまう

である。

借家住まいならこんな問題は無いのであるが、資産としての家がある以上そしてそれに固定資産税がかかる以上考えなければならないのである。

そこでポイントになるのが、帰国時までに掛かる総収支額とそれが帰国した時に結果として見合うかどうかのバランスなのである。

「人に貸してしまえばお金も入ってくるし維持してもらえるし良いじゃないの」、と言われるのが手放しな大多数意見である。

今現在家は13年経過で、もういろいろな所に故障個所、破損が起きている。

日本において人に貸すということは、まずもって最初にリフォームをしなければいけないのである。

リフォームは期間中借主が一家族(1回)なら良いが、都合により複数になる場合リフォームはその回数分である。

しかも帰ってきたときの家の状態はさらに経年劣化が生じているのを覚悟しなければならない。

つまりやっぱり、最後にもリフォーム。


また家の管理はすべて家主の負担となるので、不具合や事故が起こった場合速やかに処置しなければならない。

これが海外に家主がいる場合の不利な条件で、それが委託サービス(リロケーションサービス)をどうしても入れなければならない事情なのだ。

期待できる家賃収入から、リフォームとリロケーションサービスにかかる費用さらに毎年の固定資産税を引いた時の不在時の総収支は、はたして苦労に見合ったものなのか?

ちなみにリロケーションサービス会社数社に見積もってもらった結果、うちのリフォーム金額は50万~150万だった。

まあ会社の方針によってばらつきがかなりあるが、安ければいいというものでもなく借主がつかなければその分収入も起こらず、ただ経過していくだけになるという結果が見えるからである。

ちなみに、2と3の場合その他の支出として、今ある持っていけない家財道具を入れる倉庫またはコンテナサービスの利用料というものも毎月発生するのである!

完全移住ならいざ知らず、海外赴任に家財道具一切合切を移動させる人は殆ど居ないからである。

ちなみに向こうで借りるのは家具付フラットの予定、だから尚更大物家具は預ける必要があるのだ。

色々なことを考えると、帰ってきた時のためにも1のほうが良いような気もするのだが、それは固定資産税と管理見回り料との支出金額だけを意味する。



ところで、普通あまり3のことは考えないのでは?と思われるかもだが、うちでは今一番これに傾いているのである。

それはまず最初に家を買った時点でここに永住する考えが希薄だったことにある。

人の生育過程によるかもだが、私や旦那の家族にどっしりと1か所に構えて住むという考えの人があまり多くない。

またこの地域に来て、憧れていたガーデニングもやる気を失わせる私のアレルギーの問題が年々増大していくのもある。

今年は花粉症による咳の質がより悪くなった気がして、まだ薬も服用しているし未だにマスクもつけたり着けなかったりである。

なんかもう健康の為にここ以外に住みたい気分が大なのだ。

またもう一つは、今回の海外赴任任期が終わってその次もないとは限らないという状況もある。

うちは子供なし、妻は呑気なお気楽専業主婦、しかもどちらの両親の介護もなし。

会社にとってこれほど抵抗なく飛ばしやすい条件の人は(仕事の能力はさておき)、居ないであろう。

帰ってきて、また次が起きないとは断言できないのである。

この際リセットして、もうメンテしなければならない家は処分してすっきり、老後の時に永住地決めようかな、な気分増大なのである。

しかも今は停滞していた不動産市場も安倍ノミクスの追い風に乗れるかもしれない!という怪しい期待が・・・・・


とりあえず今の時点では、もう1社に売買の契約をお願いし、契約書を送る前の段階になっているのであった。

ただ毎日の会話の中でそれぞれに心は常に1から3にぐるぐる動いているのではある・・・・・う~ん。

テーマ : つれづれ日記 - ジャンル : 日記

海外赴任Comment(0) | Top ▲

I can hardly learn English.

2013/05/11 01:34 

GW明けて会社に行ったらようやく旦那の海外赴任が決まりました。

行先はロンドンです。

金融のシステム関連なので、ほぼ行く先はどこかの国の大都市(首都?)なんだけどこの歳であまり苦労はしたくないですぅ。

新しい世界で新しい体験をしたいというアグレッシブな意欲に著しく欠けています。
(家に引き籠っててひたすら趣味の追及をしていたいです。)

といってもまだビザの取得の問題もあって、時期がまたハッキリしません。

色々あって、イギリスは昨今大変就労ビザの取得が難しいらしいです。


まあでもこの話があってから私が実際に行くことになる時期までいったい何カ月あるのか判らないけれど、少しでも英語力を身につけないといけないので嫌々勉強をしています。

昔から好きでない事の勉強をするのは嫌いな子でした。
(って、日本語もおかしい・・・・・ましてや英語なんて)


さて、具体的にどんな勉強法かっていうと、まだ会話するレベルではないので、NHKのラジオ語学番組を主に聞いています。

もちろんいまどきラジオなんか持っていません。

ネットラジオってすんげー便利なもんがあるんです。

って勉強を始めるにあたってはじめて知りましたぁ! 

しかもこれ、1週遅れでストリーミング放送もあるんだよぅぅ!!

ストリーミングはNHKのサイトに行ってログインして聞くのが合法的な使い方(?)らしいです。

が、いまどきストリーミング(iTunesでいうとポッドキャスト?)を端末に入れて持ち歩けないとかあり得ないので、自動でダウンロードしてmp3形式にしてくれるCaptureStreamというソフトでiTunesに入れて利用しています。

まあ家ではPCの前に座っているときにはiTunes立ち上げて繰り返し聞いて、家事をしながらあるいは買い物ではiPodをポケットに入れてイヤホーンからで勉強しています。

使っている番組は、易しい順から
・「英会話タイムトライアル」(これほぼ中学生レベル)
・「ラジオ英会話」(一般に超人気らしいです)
・「入門ビジネス英語」
・「攻略!英語リスニング」(基礎知識なしで聞くとほぼ半分も理解できないレベル、ひー)
・「実践ビジネス英語」(これも文字追わないと速くて理解半分以下、うわぁ~ん)

なおNHK語学TV番組もあって、これはHDD録画で寝る前にストレッチしながら観ています。
・「リトル・チャロ」(アニメだー、これは楽しい!今シーズン4で、1も再放送中)
・「おとなの基礎英語」(内容的にはラジオ英会話より易しい、けどトラップが・・・・・)
・「NHKニュースで英会話」(時事の解説まであって、面白いし一番好き!)

チャロ以外は全部NHK書籍(お店で買わなくてもダウンロード版テキストもある)を購入。

うーん、聞き取りで間違って覚えるとまずいからねぇ。

「大人の基礎英語」は映像あるし本当はテキストは要らないんだろうけど、今はニュージーランドのシーンでの英語とかで、なまっててすんげー聞き取れません!(主人公の女の子のは明瞭だよ)

まー世界にはアメリカ人とイギリス人しか英語を話せる人がいるわけではないし、色々なパターンに慣れるべきって思うので、進んでみています。

やはりまだ全然聞きとれる耳ができてないから、というかこの聞きとれる耳になることが最優先なんですけどね。

基本聞きとれれば、自分の拙い英語や間違った英語であったとしてもいくらでもコミュニケーションが取れると思うわけ。

ってなわけでいっぱい聞いて慣れるようにしています。

あ、どちらかというとiPodでのながら聞き流し英語は、iTunesストアにある無料の(できる限りお金はかけない!趣味なら天井知らずで使うけどナー!)英語ポッドキャストがメインです。

某語学学校のから海外ニュースのまで、びっくりするほど多くの有用なポッドキャストがタダで利用できるなんて便利な時代になったもんだよ。

これらはHPもあってそこに行けばスクリプトも見ることができる(一部はiPodやiPhoneに表示されることもある)ので耳作りの補完になります。

というかポッドキャストのほうが学習にはかなりいいのかもしれないのだけど、結構中級以上のレベルの高いものが多く、今の私にはちょと苦しいです。

ジョークや色々なうん蓄交えたNHK番組のほうが楽しいかなー?うん。

しばらくして聞きとれる耳ができて来たら、skype使ったネイティブとの会話できる安いレッスンを探そうと思っています。

つまりインターネットあればさぁ、向こう行っても勉強し続けられるわけなんだけどね。

んでそうするつもり、この際英語できるだけ身につけないと・・・・・

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

海外赴任Comment(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。