FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

くさいものには蓋をするのか?

2013/07/29 18:13 

アレルギーが悪化してからは匂いについても敏感になった。

煙草の煙や、きな臭いの焦げ臭いのは当然だが、人の付けている過剰な香水の匂いにまでむせるようになった。

むせるとひと口に言ってもわたしの場合ほぼ咳と、離脱できない場所によってはくしゃみ鼻水が伴う症状。

逃げることのできないエレベーター内や、電車内での匂いは本当に暴力的だと思うわけ。



ロンドンではそんな場面に何度も遭遇した。

特に移動中の地下鉄車内。

全部とは言わないが、結構日本の電車車両より天井の高さといい幅といい中が狭い。

すべての人とは言わないが、日本よりもぶっちぎりの率でものすごい量の香水をつけている人の数が多い。

狭い空間内で皆耐えられるのかな、鼻がもうマヒしているとしか思えない。

気分の悪さに、ドアの外に出てベンチに崩れ落ちそうになる時があった。



旦那とも話したが、湿度の高い日本との気候の違いもあり、こちらの人は毎日お風呂に入る(シャワーも?)わけではないらしい。

食生活の違いも伴い、必然強くなった体臭隠しとか?

滞在歴長い旦那の会社の人に聞くところによると、その強い体臭をもろに嗅ぐよりは香水でごまかされた方がまだましな時もあるのだとか。

・・・・・



耐えねばならない文化の違い(?)がひとつ判明したのであった。

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

海外赴任Comment(0) | Top ▲

わたしの人形はよい人形♪

2013/07/16 23:29 

ずっと狩猟生活(MHF)で引き籠っていたのに、急にあちらこちらとの交流を再開しだしたのは、日本を離れる前に周りとつながっていることの確認及び再設定なのであった。

ネットで繋がれば物理的距離なんて・・・と思いはしても、そこは心細さがムクムク湧きあがってくるチキン体質である。

それと後悔や飢餓感にあまりさいなまれないよう、今日本でしか出来ないことはやっておこうと思っている。



って、大層な物言いだが何のことはない、全部持っていくことは出来ないので、趣味の人形遊びしとくぞ~、である。



可哀そうにもわが人形たちは狩猟に出かけている間、構ってもらえず箱入り娘な状態であった。

今色々整理整頓をしている状態であるが、全部は持って行くことができないので、大きいお人形のSD(スーパードルフィー)1、2体にしようかな、と。

大きいお人形は持って行くのに邪魔かもしれないが、そこはビスクドールで培われた永い歴史があるヨーロッパだ。

ビスクドールのような陶器じゃないけど、壊れやすさは同じのやはり繊細なつくりのSDである。

持って行ったらついでに趣味の友達できないかな。

だが結局色々趣味に引き籠りそうなので、現地人形友なぞ99%作れそうもないけどぉ。

だいたい迂闊にしゃべったり見せたりしたら、気持ちの悪い人扱いされることやっぱり70%超な予感。

しかし現地で文化や美術品にインスパイアされて、チクチクお洋服作ってあげようかなと、現地洋裁用品店すでに視察チェック済み。

趣味人としてぬかりはない。



まあつい横にそれてしまったが、色々整理する前に昨日友人と久しぶりに人形遊び(?)をしたのであった。

うちにはSDのおぼっちゃまは居らず、お嬢様ばかりなので彩りを添えるためわがままを言ってついでにイケメンも連れてきてもらった。



mireille17
白い服の人形がうちの次女(Mireille)
触れる間近でアラン(左)見たのこれが初めて



sakurako52
両手に花状態真ん中がうちの長女(櫻子)
うえ~ん、アランカッコいいよ
昔欲しかった時に買えばよかった
強引に遺言書にアランはわたしにと、書かせる約束をとりつける



sakurako53
長女(櫻子)に衣装を変えてアンティークな服を着せてみた



shouko15
同じ衣装を正統派アンティックドール風顔立ちの4女(薔子)にも



syouko21
やっぱり似あうぞーと、ズラ変えて



shouko24
もいっちょ



やっぱ持って行くのは4女(薔子)と、次女(Mireille)か3女(Josephine)かな~



おまけ
Josephine20
昔天使の里に行った時の室内からお庭を背景に3女(Josephine)パチリ

テーマ : スーパードルフィー - ジャンル : 趣味・実用

お人形Comment(22) | Top ▲

お土産は何ですか

2013/07/13 23:50 

行った時期が良かったのか、渡英した当時ロンドンは街中がセールス期間中であった。

以前、ハロッズが徒歩ですぐの立地のサービスアパートメント(チェルシー地区にある)に滞在と書いたが、シャネルは3分と書いておこう(ほんとほんと)。

もちろん気後れして立ち止まれもしませんが。

ていうかブランド、全く興味ないしー!

だからさー、東京に住んでてもブランドなんか全く興味ナッシングなの。

買い物とかしない引き籠りなんだからさ。



帰ってきてお土産に買った物を検分したら、

1.ダッフィーの服

2.ロンドン塔で買った甲冑のプリントのエプロン

3.ドラッグストアーで買ったジャンクな安い口紅とほほ紅

4.自然派アロマショップのバラの香りのタルカムパウダーとソープ

5.ボディショップのいつも使うボディバター(モロッカンローズ)

だけだった。



1、のダッフィー服は、そこに山(ディズニーストアー)があったから。
アップルストアーと同じく、(ディズニー)マニアは入るだろ。
そして通常12ポンドの珍しい服が3.59ポンドだし~。

2、の甲冑プリントエプロンは、西洋剣(レイピア)型BBQスティック?(BBQする時肉を突っついたり裏返したりするやつ)とどっちにしようか迷った挙句、実用性で選んだ。
しかしながら帰ってきて着てみたら地味だった。
BBQスティックにするべきだったーと、大後悔!!

3、のドラッグストアーコスメは、女子なら絶対どこの国でもドラッグストアーチェックしなきゃいけないぞ。
スーパーマーケットとドラッグストアーは楽しいぞ!

4、のだけ真面目に検索して買いに行った。イギリスといえばバラ。それにアロマの歴史も深い。
なので自然派アロマショップで少しはいつもよりましなお土産買おうかと思った。
しかしながら買ってきてよく見たら、パウダー米国製、ソープはスイス製であった。

5、はいつも使ってるボディバターが、セールス期間でものすごくむかつく安さで売っていたので、つい買い置きしてしまった。

とまあこんな感じ。

いつもこんな感じ。

ろくなものを買ってこない。


Crabtree&Evelyn
4のパウダーとソープ
飾らず素敵なパッケージ。
いい香りなんだ~。


applestore
全く関係ありませんが2回目に入った別のアップルストアー
お洒落な回廊の中にお店が。
これ普通わからないでしょ、信者を試す踏み絵か!?

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

お出かけ記Comment(0) | Top ▲

レンガの効果はすごい

2013/07/09 03:09 

昨日朝の便で12日ぶりに日本に帰ってきた。

飛行機の扉超えた瞬間、「暑い~ぃ」と口々に乗客皆言っていたが、ほんと湿度が重苦しい暑さである。

ロンドンは緯度的には北海道よりも上である。

行った日には小雨がぱらついている天気で、だいたい5月ぐらいの気温だったか。

多国籍人種の都市なので、個性も色々、街中ではまだコートを着ている人もちらほら居たのだった。

旦那にも涼しいといわれていたので、長袖ばかりをスーツケースに詰めていった。

が、すこしは半袖も持ってくるべきだったと大後悔をする事態に。

狭いサービスアパートメントは意外に中は暑く、自分は何時も部屋内では上半身はユニクロブラトップといういでたちであったのだ。

いや~ブラトップすんごい発明、夏の必須アイテム!

超暑がりのわたしの真夏は室内こればっかだよ。



さて、ロンドンでは先々週と先週と2回にわたって土曜日にいくつかの賃貸し物件を見せてもらった。

どっちも土曜はかなりいい天気であり、先週に至っては30℃を超える夏日になっていた。

だがロンドンの気候は東京とは違い、カラッとした湿度のない晴れで、木陰と日向の温度差がある過ごしやすい気候であった。

というか案内された家どれもクーラーはついてなかった。

グーグルアースで航空写真を見るとわかるのだが、住宅地は緑の木々と家のレンガの赤茶以外無いようなめりはりのない均一の地図である。

何か商業施設とか探したかったのであるが、そういう理由で航空写真があまり明瞭でないのだ。

景観保護の観点から新建築の基準は相当にきついらしく、古いレンガブロックの家ばかりで、似たり寄ったりの家が延々続くのである。

これぞヨーロッパの街並み素敵だーと思わせるのだが、家の見分けがつきにくいって言うの、迷子になりそうな予感大である。

まあでもこのレンガの効果がものすごいことが、暑い日に内覧してみてよぅく判った。

レンガの建物内は、クーラー付いてるの?エアコンどこから??と思わせるぐらい、1歩中に入るとひんやり涼しいのである。

そとは30℃超える気温だったのに、中は5℃以上は低く感じる。

うーん、レンガという建材を長い間使うのには訳があったんだねー。

冬は知らないけれど、冬もこれ外の冷気をあまり通さないらしい。

冬でさえ暑く感じるときには布団から足を出して寝ているので、クーラーが無いのに戦々恐々としていたわけだが、これならいけるかもしれない。

でも扇風機は買ってもらうかな・・・・・

テーマ : イギリス生活 - ジャンル : 海外情報

海外赴任Comment(4) | Top ▲

やっぱりMac、君と一緒に行くよ

2013/07/06 01:21 

夫婦でPC合計7台所有していた。

もちろんひきこもりんオタのわたしのほうが1台多く4台所持。

だが海外赴任にあたって全部持っていけるわけはなく、旦那は1台処分、1台置いていき(たぶん貸倉庫)、1台持ってきている。

わたしもそこは考えなければならず、1台古いMacデスクトップ(G4)を処分した。

しかしながらその他がかなり迷い中。

お買い物に、ブログに、そしてなによりバリバリゲームに使用していたのは4台目自作のWinのデスクトップで、Mac信者としてはWin大嫌いだけどそこは楽しくパーツ試行錯誤で選んで作ったのでそれなりに可愛い子なのであった。

だがこれ電源ボックス調べたら日本の電圧のみ対応で、「ほぼ他のパーツは海外の、ていうか日本語のマニュアルついてないの多いのに、なぜこれだけぇ~」て感じで分かったので、置いていくことになる予定。

作ったのは2年前だし、日本にまた帰ってきたら明らかに次の作りたくなるのは分かってるが、何か起きたらすべて自己責任で対処する自作機は人にあげにくいし、なおかつまだ処分には惜しいのだった。

いまこれを書いていて、イギリスに持ち込んだのは1月に買ったばかりのMacBook Pro15(もちろんRetina)で、Parallels Desktop上でWinも同時に走らせて、どちらも使えるようにしてある。

やはり世間はマカーに冷たいので、Win使える環境にしておかないとだった。

というよりここにきてやっとエミュレーター上で他のOSがストレスなく動かせるかな、というほどノートのマシンパワーが追い付いてきた感があるからだ。

ていうか、お金のない人にも買える値段でね、と言っておく><。

このノートならもうメモリー目いっぱい積んでおけば自分的にはMacのデスクトップ要らない、もう何台もマシン所持するのやめようと買ったのであった。

でも白くてつるつるで愛らしいこの前のMac愛機、iBook G4もサブで持って来ようっと。

もしこれが何らかの事故で動かなくなったら、そっちでネットやれるように。

たとえ遠い異国でも、ネットで繋がることができれば安心できるから。

それが唯一の心のよりどころっす。



しかし、今日も歩いていてアップルストアー発見しちゃったので、意味なく入っちゃったよ。

さすがロンドン、おしゃれな外観だ~と写真まで撮ってくる。

何してんだろうあたし。

オタは死ぬまで治らない気がする。

テーマ : Apple - ジャンル : コンピュータ

海外赴任Comment(1) | Top ▲

思いっきり観光してます

2013/07/05 02:23 

ロンドンの足は地下鉄がほぼメイン、あとはバスに市内を縦断するようにテムズ川を走る船(水上バス)もある。

やってきてすぐ覚えたのが地下鉄。

駅いたるところに路線図、そして持ち歩けるコンパクトな路線図が置いてある。

表記がとても分かりやすく、駅内も案内表示も簡潔である。

恥ずかしながら東京の地下鉄もろくに覚えてないのに、こっちのほうが自在に覚えそうだってどういうことだ!?

ってあたし、ひきこもりの主婦だしろくに外でないから覚えてなかったんだー。

ってことで、旦那が帰ってくる時間までに洗濯と食事作る以外、思いっきり観光しちゃってま~。



しかしながら、ロンドンの観光施設はめっさぼったくりである。

日本円で2000円~3000円以上を軽く要求してくるからなぁ。

その上今はまずいことに一番の観光シーズンで、どこも平日でも長蛇の列で、あきらかに入るまで1,2時間は待たされそうなのであった。

TDRの土日祝日に遊ぶ感覚、まさにそれに近く、もうどうせまた来れるからオフシーズンの平日にまたチャレンジするわってことで、回れ右したのがイギリス王室御用達のウエストミンスター寺院であった。

ミーハーってそしりはいくらでも受けるさー。



でも美術館、博物館は全部無料なんだよね。

あ、寄付受付の箱は設置されてる。

わたしは芸術品、歴史的文化遺産はたとえどこのものであろうと、これから未来の人類に伝え守っていくべき人類の共通の遺産であり義務だと思ってるので、寄付は必ずする。

ま~2,3ポンドほどですが(偉そうな意見のわりに)。

ていうかアパートすぐそばにあるヴィクトリア&アルバート博物館ですら3時間でワンフロアーの一部しか見れなかった。

ナショナルギャラリーもしかり・・・・・。

気に入ったものはじっくりねっとり見るタチだから。

これじゃ何回も足を運ぶしかないや。

毎回寄付するから、その程度で許して~、ってことで。

ていうか最強にして最大行きたい大英博物館はまだだけど、これは攻略法をちゃんと立ててから行くべきだな~。

ていうか明らかに自分的に攻略するのに1週間じゃ済みそうもないんですけど・・・・・。

なので、こちらにちゃんと住むことが決まってからだ!

待ってろ大英博物館!!

(合計寄付額がいくらに累計されるか楽しみだ・・・・・とほほ)

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

海外赴任Comment(2) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。