FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

風邪引きには・・・・・

2014/01/25 01:09 

お腹が痛いこの風邪はちょうど腸のあたりが腫れてる感じで、腹圧が掛かると凄く痛いのだった。

くしゃみしても痛いし、触ったらもの凄くお腹が冷たかったのでこれはいかんと腹巻きと使い捨てカイロを当てる。

何でこんなにお腹が冷たいんだ、こえ〜よぅ。

温めたら少し楽になったけど。



風邪薬を若干日本から持ち込んであったが、主に咳鼻水系の風邪薬があるだけで、その他の症状のは旦那に1月ほどまえに使われてしまった。

うぇ〜こちらでは何がいいのか判らん。

ということでTVでよく宣伝してる、「LEMSIP」ってやつ買ってこようと、とふらふらしながらこちらのマツキヨ的なBootsへ。

むむ〜同じ列にジェネリックな感じのBootsブランド品があったので安いからそっちの方にした。

Medicine01.jpg
レモン味でお湯に溶かしてホットで飲むので身体も温まる

違うの(有効成分はほぼ同じらしいぞぅ)買ってきたけど、「LEMSIP」はイギリスではかなり定番の風邪薬らしい。

しかし飲み易いだけで美味しくはない。

あくまで薬だ〜。



わたし砂糖が入ってる清涼飲料の類いが無駄なカロリー摂取で好きじゃないんだけど、こちらではそういうのではなくホメオパシーレメディとしての効用も持つハーブコーディアルがスーパーの飲料コーナーに普通に売っている。

herbcordial.jpg
風邪に特にいいらしいのが、このエルダーフラワーコーディアル

レモンジュースと砂糖でハーブのアクの強さが消してあるのでそのまま水かお湯で割って飲めなくもないが、慣れない身にはけっこう鼻に抜ける芳香がきつい。

製品のHPに見に行ったら、ワインスプリッツアや、ジントニックのカクテル用に凄くいいぞ、って書いてあった!

よし、寝る前に温まるのでそっちにしよう!



あとイギリスにある日本では珍しいお酒に、ジンジャーワインというものがある。




こちらでは成人したばかりの若者が入門で飲む感じのもので、そこそこポピュラーだとか。

ただしすごーく甘い(うっかりこぼしたらベタベタするので、糖分が結構入っていると思われる)ので、やはりカクテル用に適していると思う。

実は結構生姜が効いていて辛くもあるのよ、これ。舌がピリピリするよ。

だから風邪の今はお湯で割って温めて、レモンかライムを垂らして夜飲むと身体がめちゃホカホカしていい感じ。

これは甘いものが大嫌いだと激しい嘘を付く(何故か置いてあったわたしのおやつのチョコやケーキがたまに消えてなくなるから)旦那が買ってくる常備品だ。



しかしだ。

身体の中、特に中心部は温まってもいいのだが他はどうでもいいのが今の自分であった。

それについてはまた今度。

スポンサーサイト

テーマ : イギリス生活 - ジャンル : 海外情報

英国生活Comment(4) | Top ▲

薔子(たえ)も飾ったよ

2014/01/22 14:08 

ここ数日鼻水くしゃみが酷いな、数日晴れ間が多いからアレルゲン物質飛びまくりなのかしらん?と思ってたら、今日お腹にも下りてきて悪寒もするので風邪引いた模様。

アレルギー持ちだと引きはじめがけっこうボーダレスなので、対応間違えると悪化させ易いのだった。

何もやる気が起きない〜。

てことで、ゆっくり人形あそびでも。


shouko61.jpg
薔子こと「たえ」のデフォ衣装どすえ


実は買ってからけっこう経つのに一度も着せてませんでした><

つうかまたもや衣装のみ開封もしてなかったw

ブーツも付いてて、それが嬉しかったのだが、全体的にこの衣装安っぽい生地だなぁ。

しかもぉ〜、このウィッグいきなりパッケージから出すとき、型くずれ防止の箱の角にひっかけて、後ろ結んであるのを引き上げて崩してしまった。

付属リボンで飛び出た髪の毛を押さえてごまかす。

う〜可愛い髪型なのに、リボンか帽子なしでは使えなくなった。

いつかは1回解いて直すかなぁ。

でも元通りにできそうも無い。

shouko59.jpg
アイはゴールデンロッドに換えた

うん、これとてもいい感じ。


shouko69.jpg
もっともっと前に買ったSDとBABY, THE STARS SHINE BRIGHTのコラボ衣装


shouko67.jpg


わたしはロリータあまり興味が無いので、SD買ってから初めてこのブランド知ったよ。

つうか、人形はいいけど規定未満の容姿の人が着るのは止めてほしい。


前に櫻子こと「まどか」に着せてみたけど、また違うテイストに。


sakurako26.jpg
結構まえに撮った櫻子写真

わたし的に櫻子のメイクはけっこう濃いと感じてたのに意外に似合っててびっくりした覚えが。

人形は似合うんだよな、うん。

悪い事は云わない、人形で欲求満たしとけな。

テーマ : スーパードルフィー - ジャンル : 趣味・実用

お人形Comment(4) | Top ▲

ドールケーキ

2014/01/12 17:23 

こちらで美味しいケーキ屋さんが見つからない。

というか近所ではパン屋さんがケーキ売っているとか、何か純然たるケーキ屋さんが身近にないの。

ピカデリーサーカスの辺りだったかに素敵なケーキ屋さん見つけた事があるが、それって日本で言うとわざわざ銀座に買いにいくようなもんだしなぁ。

わたし結構日本ではいい場所に住んでいたのかもしれん。

ていうか駅前に丸井あった時点で、超便利地域だったのか。

これでは世界中どこへ行っても、都市のど真ん中に住む以外は満足感薄いのかもしれない。


さてまあ、ケーキの話だが、近所のパン屋さんのケーキは何かスポンジがちょと日本とは違って、まあ全体に残念な素人臭いものであった。

だが、こちらのケーキはデコレーション、というか見た目が面白い(美しいとかでないw)のが身近には多いのである。

マジパンとかアイシングとか、あるいはどぎついくらいのカラフルなクリームで、色々作り込んであるやつだ。

スーパーの製菓材料コーナーにも、わたしの勇敢レベルを試すかのような、カラフルすぎるチョコペンや、アイシングペン、カラフルシュガー、スプレーチョコそして出来合のマジパンで出来たマスコットなど売っているわけである。

わたしは遺伝子に色のどぎついものは毒物だと刻み込まれてるらしいので、買う気にもなれません、無理。

しかし昨日、元オリンピックスタジアム跡のアーケードモールに買い物に行ったら、近所のパン屋と同じタイプのディスプレー発見したので、どさくさに写真撮ってきた。


BarbieCake.jpg
バービーちゃんだぁ!

カップケーキ屋さんだったかな??

よく見ないで撮り逃げしたw

近所のパン屋にも、これ色やデザインは違うけど売っている。

でもこれ日本では衛生にうるさいの売るのはなしだな。

ネタで個人で作るのは有りかも。



「バービー、ケーキ」で検索かければ画像いっぱい出てくるぞ〜!

英国生活Comment(2) | Top ▲

臭うんです

2014/01/09 11:38 

こちらでは純然たる消臭剤の類いを見かけない。

いや、ファ●リーズ(まんまのやつある)の類いはいっぱいある。

これでもかってくらいあらゆる人工の香り付けする芳香消臭剤はあるのだ。

でもそれ消臭効果というより、要するに今臭ってるのにプラスする商品であって、純粋な消臭じゃないよね。

アレルギーでキツい香りですらむせたり、気分が悪くなるうちにそんなもの気軽に使用できないんすよ。

しかもこちらの製品、洗剤で知ってるけどすべてがもの凄く香りキツいの。

使わざるを得ない洗濯洗剤とか台所洗剤とか最近やっと慣れたけど、ていうかもちろん香りの薄いの買う努力してるけどね。


まあそこで、石けんやナチュラルコスメ作りの時に色々培った知識を、こちらでも総動員してるんだな。

まずこっちには冷蔵庫消臭剤がない。

こちらの奥様皆どうしてるのかしら?

まさか冷蔵庫にファ●リーズしゅーしゅーしてるわけないよな!?

赴任する日本人にはこちらに無いもので、持ち込む必須品目として冷蔵庫脱臭剤大プッシュしときますぞ。

で、うちはどうしてるかっていうと、コーヒーの出がらしを使ってる。

ソーパーなら皆知っているが、コーヒーは脱臭剤として(物質が多孔質で吸着効果が大きいから)優秀。

日本なら木炭とか(同じく多孔質)も有りなんだけどね。

あとは、ベーキングソーダ(重曹)を入れ物に入れて置くって手も。

重曹は水とでスプレー剤にして、油汚れの拭き取り掃除に無害で大活躍だから、キッチンではもう毎日使用だ。

ただし重曹はアルカリ性なので酸性の臭いしか中和しない。

でも臭いにおい(おっさんの靴下のにおいとかもw)は大抵酸性らしいからいいのかな?

最近旦那のおっさん臭がきつい。

こちらでは動物タンパクばかり摂ってるからかな〜。


ひっこしの船便で全部じゃないけど、いくつか精油を持ち込んだ。

あとVISA取得の一時帰国でエタノール(ほんとは駄目なのかもしれないけど)を持ち込めたので、ハッカとかペパーミントとかユーカリとかあとウッド系の精油で自然の殺菌芳香剤作る予定。

今は冬だからあまり家のにおいが気にならないから温かくなったら。

寝室はでも少しだけ安らぐ香りにしたいので、食塩(あとで入浴スクラブ剤に二次利用)に精油を垂らし柔らかな芳香剤として使っている。


ところで、日本ではよく簡単に家の中に溜まっていった便利な消臭材料に、ケーキやアイスに付けてくれる保冷剤がある。

あの解凍して溶けると中身ゲル状になるやつ。

あの中身を夏場の臭っさい生ゴミに振りかけると、けっこう消臭してくれる。

よく日本で売ってるお部屋の丸いビーズの消臭剤と同じ効果だ。

だがこちらではそんな保冷剤は見ない。

探せば有るのかもしれないが、日本ほどただで付けてくれない。

日本ではケーキ買うと必ず付けてくれるのにねぇ。

日本で当たり前すぎるものが世界の常識じゃないわけだ、判ってたけどさ。

まー夏の生ゴミにはあまり酷い時には、重曹フリフリするさー。

テーマ : イギリス生活 - ジャンル : 海外情報

英国生活Comment(2) | Top ▲

紫子さん艶姿

2014/01/03 14:09 

借りているアパートの照明は結構暗い。

というより、イギリスの家の中の照明は煌々とした蛍光灯はあまり多くなく、オレンジの暖色電灯(ただし今時裸電球ではない、ちゃんとした(コンパクト型)蛍光灯なのである)が多い。

日本ではうちは、ほぼキッチンのエリア以外蛍光灯を使用、小さい頃から親に暗い中で本を見たりTV見るのは目を悪くする(医学的見地のほどは定かではないのだが)と言われて育ったので、常に居る部屋は明るくしていた。

それは日本の家庭ほぼ似たり寄ったりかと思っていたし。

どうもこちらでは家はくつろぐ場所、学校やオフィスとは違うので、青白くっきり蛍光灯は場違いらしい。

旦那がそれを同僚と話した所、そんな文化の違いで、日が暮れてから外からうかがう各家庭の照明の明るさ具合で日本人の住んでいるが判っちゃうらしい!

うわぁ!それ防犯的に怖いじゃん!!

まあ私事だが、どうしても玄関扉より外で靴を脱ぐので、中に入れ忘れ、うっかり共用廊下に靴を置きっぱなしな事多々、からも丸わかりなんすけどねw
(まあまだアパート内だからいんだけど)

まあうちは照明器具の件は、面倒くさいので借りたそのまま我慢して使ってますぉ。

でもちょと明るさの強いのに付け替えてるけどw


って長々何が言いたいかっていうと、家の中で撮る写真が全部、赤黄が強くなってPhotoshopでの色調補正ばっかさせられるのがイラって来てるわけだ。

しかも今の季節曇りと雨ばかりで家の中さらに暗いし。

ていうわけで長い長〜いへたくそ写真のいいわけですぞ!

新年明けて紫子写真少し撮ったのでご鑑賞を。
(ちょと大きく入れました)


yukariko43.jpg
こんな椅子なんかわざわざ持ち込んでいるw


yukariko46.jpg


yukariko53.jpg
このアイは李家さんとこの、真ん中がちょと黄色くなった結構藍色のグラデーションアイ
自分的に今一番紫子にしっくりきている
う〜ん、美人さんだよぅ

テーマ : イギリス生活 - ジャンル : 海外情報

英国生活Comment(2) | Top ▲

明けましておめでとうございます

2014/01/01 16:24 


新年あけましておめでとうございます。


yukariko39.jpg
紫子新年のご挨拶
(日本で最後に着物買ってきたぉ!)

こちらの時間は日本より(冬時間で)9時間遅れだ。

夕べ新年のカウントダウンをTVの花火をみながらした。

どうも毎年こちらでは、テムズ川のすぐそばに建つロンドン・アイを中心に花火を新年と同時にぶっ放すイベントがあるらしく、それが同時TV中継されていた。

旦那が先に会社の同僚から教えてもらっていたので、TVの前に陣取りながら待っていたわけだ。

隅田川の花火と同じく、近くまで見に行く事も出来るわけだが、ごった返す人にもまれるとか、混雑でなかなか帰路につけないとかあるので、TV鑑賞で十分である。

どうせ日本の豪華で多彩な花火とは見劣りするだろうと思っていたが、間を空けず打ち上げまくる派手さといい、音楽や極彩色のライティングといい、なかなか質の違うもので、それはそれで満足するエンターティメントになっていた。

ていうかもう、ところどころで視界がよく見えなくなるくらい、花火の形も判らなくなるくらいの、まるで爆撃シーンかのように同時に多量の打ち上げとか、日本と比べてもしょーもないなと思った。

日本の花火はあくまでも見せ方まで日本の儚い情緒に溢れていて、最後の消えた後の残光や余韻までを花火として味わうので、別物ですぉ!

比べてもしょーがねえっす!!

と、あっけにとられた後思い直し、まんまを楽しんだヨ。


同時に、家の付近からは(こっちの)大晦日10時ぐらいから花火を打ち上げる音が。

0時前には見えなかったのだが、新年あけたとたんにあちらこちらいろんな方向から打ち上げ音が聞こえるので窓から覗いてみたら、木々の隙間に花火の明かりが見えた。

多分公園とかで打ち上げているのかな。

なかなか面白い習慣だけどね。

ちなみに去年は、というか旅行で居ない以外は大抵新年のカウントダウンはネットゲーにインして行っていた。

まあ去年はモンハン内で。

その瞬間一斉にあちらこちらで皆ハンティングの手を止めて、ワールド全体チャットで言うんだな。

「あけおめ〜!」って。

(ちなみにどのゲームでもこの習慣は似たり寄ったり。)

ちょと新年から懐かしくて寂しい思いになったよ。

テーマ : イギリス生活 - ジャンル : 海外情報

英国生活Comment(4) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。