FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

クリスマスの風景

2013/12/13 16:44 

先週末の事であるが、トラファルガー広場にクリスマスツリーの点灯がされている(点灯式は5日だった)とのことで、日が暮れてからの街中のクリスマスの電飾を楽しみに行く事にした。

英国ではクリスマス(25日はほぼ交通機関も商店も閉まるらしい)は最大の年中行事であるし、渡英して初めてのクリスマス体験だし、まあどう違うのか色々見ておきたかった。

実際うちの周りの商店街も、街灯やちょとした広場に電飾、ショーウィンドーにはクリスマスらしい雰囲気の華やかな飾りに彩られているし、それなら有名なロンドン市内の飾りはさもなんと想像できたからである。

実は必ず月に2回ほどはウエストエンド周辺近くのヤマハの楽器ショールームに旦那は行く用がある。

それはただでピアノを弾きに行くという用である。

1時間ぐらい弾きまくっている。

買いもしないでものすごく恥ずかしい人である。(買う買うと言っているが。)

その間わたしはそんなの見てられないので、付近散策するのである。

ちょうどオックスフォードストリート沿いには大好きな趣味の手芸用品いっぱい売っている、『John Lewis』があり、その他有名なブランドショップが軒並み並び歩いているだけで楽しい所であった。


まあ今回はピアノそこそこにして貰い、オックスフォードサーカス駅からリージェントストリート(この道並みもお店いろいろ。何たってアッポーストアあるしな!)を南下し、ピカデリーサーカスにやってくる。


SnowGlobe02.jpg
ひー、いきなりでっかいスノーグローブができてます

あとで調べたら、有名なエロスの像を囲って作ったらしい。

送風機とか使って中で疑似雪とか舞わせないのかな?(あとでやるのかな?その時はやってなかった。)


SnowGlobe01.jpg
下の部分がモニターで宣伝になってるのが、いただけない><


XmasTown01.jpg
しかし付近の明かりにライトアップされている建物はさすがお洒落な雰囲気

人が恐ろしいほどごちゃごちゃ居るけどね。

ほんと凄い週末の人ごみだった。


ピカデリーサーカスからレスタスクエアーに向かう途中・・・・・

XmasTown02.jpg
うーん、上手く夜間照明が写せなかったの、左手ビルこれM&M(有名なあのチョコの会社)の建物

さすがアメリカ資本、景観無視のライト付けまくりのしつこい装飾だぁ。

でも中は楽しいの、ラスベガスのM&Mも毎回行っちゃうけど、お子様に大受けなんすよ。

上から下まで、チョコとM&Mグッズ色々売っているのだ。

なんだかんだファンキーなアメリカ資本大好きなんだから、ケチ付けちゃいけませんね、あたしw

MM01.jpg
MM02.jpg
ちなみにこの2枚は最初に初夏に来た時の写真


さて、レスタースクエアーに来たら、またびっくり!


Funfair01.jpg
ひー、ミニ遊園地が出来てるぅ!!


Funfair02.jpg
メリーゴーランド、大人が嬉々として乗ってます

ここディズニーランドじゃなくて、イギリスだよな?


Funfair03.jpg
でっかいぬいぐるみ景品にしているゲームの露店もいろいろ出てる。

しかし、輪投げとか、回っているのを竿の先のフックで引っ掛けるとかだけのゲームなんだけど、金払うだけ無駄って感じで明らかにすごーく厳しいのばかりなのだ。

眺めていても誰も当てていないし、まぁ遊園地に華を添える施設ってだけ。


Funfair04.jpg
観覧車の根元から

近くで見ると結構大きいのだ、どうやって急に作ったのかな。

旦那がしつこいくらい安全基準を気にしていたが、お前ウルセー、水を差すな、おとなしく童心に帰れ、ってかんじ。



そして最後にトラファルガー広場に。

XmasTree01.jpg

すでに華やかなものをさんざん見たあとの、ジミーなツリーにちょと消沈。

真っ先にここから見るべきだったと思った。

なんでも、ノルウェーから第2次大戦時の英国の援助に感謝の意を込めて、毎年送られるらしい。

樹齢50〜60年の高さ20メートル超のツリーだとか。

XmasTree02.jpg

ああでも、ナショナルギャラリーへの階段や、壇上からぼんやり眺めていたら、こういうしっとりしたのがヨーロッパ的なのじゃないねー、と徐々に平静になってきた。

あたりにも、静かにそちらを眺めている人々が。

都会のど真ん中の真っ暗な静寂の中、寒くて息が白くなっているのを忘れぼんやりほの青いツリー見て厳かな気分になる。

これぞヨーロッパのクリスマス風景よね。

英国生活Comment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。