FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

明けましておめでとうございます

2014/01/01 16:24 


新年あけましておめでとうございます。


yukariko39.jpg
紫子新年のご挨拶
(日本で最後に着物買ってきたぉ!)

こちらの時間は日本より(冬時間で)9時間遅れだ。

夕べ新年のカウントダウンをTVの花火をみながらした。

どうも毎年こちらでは、テムズ川のすぐそばに建つロンドン・アイを中心に花火を新年と同時にぶっ放すイベントがあるらしく、それが同時TV中継されていた。

旦那が先に会社の同僚から教えてもらっていたので、TVの前に陣取りながら待っていたわけだ。

隅田川の花火と同じく、近くまで見に行く事も出来るわけだが、ごった返す人にもまれるとか、混雑でなかなか帰路につけないとかあるので、TV鑑賞で十分である。

どうせ日本の豪華で多彩な花火とは見劣りするだろうと思っていたが、間を空けず打ち上げまくる派手さといい、音楽や極彩色のライティングといい、なかなか質の違うもので、それはそれで満足するエンターティメントになっていた。

ていうかもう、ところどころで視界がよく見えなくなるくらい、花火の形も判らなくなるくらいの、まるで爆撃シーンかのように同時に多量の打ち上げとか、日本と比べてもしょーもないなと思った。

日本の花火はあくまでも見せ方まで日本の儚い情緒に溢れていて、最後の消えた後の残光や余韻までを花火として味わうので、別物ですぉ!

比べてもしょーがねえっす!!

と、あっけにとられた後思い直し、まんまを楽しんだヨ。


同時に、家の付近からは(こっちの)大晦日10時ぐらいから花火を打ち上げる音が。

0時前には見えなかったのだが、新年あけたとたんにあちらこちらいろんな方向から打ち上げ音が聞こえるので窓から覗いてみたら、木々の隙間に花火の明かりが見えた。

多分公園とかで打ち上げているのかな。

なかなか面白い習慣だけどね。

ちなみに去年は、というか旅行で居ない以外は大抵新年のカウントダウンはネットゲーにインして行っていた。

まあ去年はモンハン内で。

その瞬間一斉にあちらこちらで皆ハンティングの手を止めて、ワールド全体チャットで言うんだな。

「あけおめ〜!」って。

(ちなみにどのゲームでもこの習慣は似たり寄ったり。)

ちょと新年から懐かしくて寂しい思いになったよ。

テーマ : イギリス生活 - ジャンル : 海外情報

英国生活Comment(4) | Top ▲

コメント

新年

今年もよろしくお願いします☆

立ち姿、美しいわ~!
色合いもぴったり♪
あ、いつかおはしょりなしのこういう着方もさせてみようっと。

中国の春節でも爆竹鳴らしますよね。
イギリスのはもっと大きいのかしら~お国振りですね^^


No:178 2014/01/05 06:15 | sana #uaIRrcRwURL[ 編集 ]

>sana 様

この着物の柄綺麗でしょ。
これはアキバで買ったけど、立川にも同じディーラーさんがよく出してるので、よく柄をチェックするといいかも!(参考にでも)

や〜おはしょり入れるのとってもめんどくさい。
間接がくねくねして動くし、キレイに正面に前を会わせるだけで四苦八苦なのにて感じ。
めんどくさいのでいつもこれじゃぁ〜。
あ、でも前にゴムのバンド(パンツのフチのようなレースゴム)でフックで止めるような形状のがボークスの着物セットに入ってたけど、あれつかうと押さえやすいかも。

いやいや、爆竹じゃなくて花火なんですよ。
ちゃんと一部は花火の形が見えたから、その四方八方から聞こえるやつ。
だいたい花火の音は重低音だし、爆発音のドーン、ドンって感じなの。
あれって結構遠くでも聞こえるのよ。
前日本で住んでいた家から、電車で30分以上の西武球場?西武遊園地?(どちらで打ち上げているか判らない、行った事無いし)の花火の音がやっぱり聞こえたから。

ただし調べたら、日本でそういうタイプの正式な打ち上げ花火はいろいろ許可証(打ち上げる地域自治体への届け、そういう爆発物扱える免許所持者の証明等々)が要るそうな。
(勿論、売っている普通の花火にも火薬量とかサイズの純然たる規格が有るらしい。日本は結構厳しいよ。)
こっちではこんなにあっちこっちで気軽に上げてる所見ると、規制が緩いとしか思えない、どうなんだろうかね。
そのへんやっぱり文化の違いがいろいろで、突っ込んで調べてみるとどうでもいい事だけど楽しいです。


No:179 2014/01/05 13:25 | Melusine♪ #-URL[ 編集 ]

そうそう、SDはほんと、腰が動きやすいよね!
スタンドで立たせるだけでもすんごい動きまくるの^^;
着物は、置いて着付けないと難しいかも。
それにたぶん、下着か補正をしたほうが安定するでしょうね。
momokoさんらのおはしょりは、平ゴムを腰紐として使ってますよ~。そのほうが後で布を引っ張っても崩れないから上手くいきますよ。
買った着物はおはしょり縫ってありますけどね^^

ロンドンの花火、重低音なのね☆
日本だと木造住宅が多いし、密集しているから規制が厳しいのかな。
焚き火もいけないってぐらいだしね。


No:181 2014/01/06 05:38 | sana #uaIRrcRwURL[ 編集 ]

>sana 様

やはり日本では木造住宅なりのリスクでしょうね。
それと日本の花火は江戸時代(もちろん起源はもっと前だけど)ぐらいに文化で発達をしたみたいだけど、やっぱり長いだけあって事故も色々あったからでしょう。
しかも近年は色や形に古い時代以上に使用する化学薬品の種類が多いらしいので、その辺でもただの火事じゃ無くなるほどリスキーだということかな?
まあでも日本は安全管理の厳しい国ですごく安心じゃないですかw

ちなみに日本では花火は夏の風物詩だけど、こちらでは長い冬の夜を楽しむものらしいですよ。
だって緯度の関係で夕方4時半ぐらいから朝7時半ぐらいまで今は暗いもの。
あとこちらも花火の起源は長くて、文化的な始まりは大砲とか鉄砲の祝砲からどんどん発達してきたらしいです。
なぜ冬に多いかって言うと、まあ新年はお祝いで当たり前としても、『ガイ・フォークス・ナイト』(すいません、ググってください)っていうのが関係するらしいです。
ちょうどわたしそのころ日本でVISAの件ですったもんだで居なかったからあれだけど、10月終わりから11月中はもうこの習慣が起源であっちこっちでドンドーンやってるらしいですw
まあうちのほう、広い公園とかゴルフ場多いし、花火あげるに適した場所が多いからでしょうねぇ。


No:182 2014/01/06 11:43 | Melusine♪ #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。