FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

マルタ旅行(その6)

2014/08/04 17:27 

旅行5日目、旦那何とか歩けるようになる。

だが用心して食事は少なめ、なるべく水分と胃に優しそうなスープのようなものだけ。

前日ネットで検索したら、食中毒の時はとにかくもう毒素を、出すだけ吐き出しきった方がいいらしい。

あと脱水症状が怖いので水分補給と。

はーしかし1日の休養だけで立ち直れたのは基礎体力の違いか、わたしならそうはいかなかった。



ということでもう丸一日観光出来る日はその日と次の日2日間しか無いので、無理しない範囲でこの日観光に出かけることに。



まずは結構な観光スポット、『青の洞門 (Blue Grotto)』へ。

日本でパスタで有名なのは青の洞窟、それはイタリア南部のカプリ島にある。

が、ここのも同じく長い年月波浪によって海岸の崖に形成された海蝕洞で、カプリ島のより美しいとの評判も。

こういう海蝕洞は大抵断崖絶壁に作られるので、他の場所から小型のボートツアーで向かうことに。


BlueGrotto01.jpg
付近は海蝕洞のメッカ
大小様々な形のものがあり、しかも崖は海面に対しやや鋭角に削られてるのが判る


BlueGrotto02.jpg
これが青の洞門


BlueGrotto03.jpg
いくつかの海蝕洞にボートで入ってみる
こういう感じでかなり奥行きが深いので、暗い


BlueGrotto04.jpg
外から見るのではなく、洞内から光差し込む海面の妙味を楽しむ
飾る言葉は要らない、これが青の洞門たる所以


BlueGrotto05.jpg
良い感じの光具合だったのに、ブレて残念すぎる画



次に向かったのがユネスコ世界遺産に登録されている、マルタの巨石神殿群の一つ(じゃなくて2つ)、『ハジャール・イム神殿 (Hagar Qim Temple)』と『ムナイドラ神殿 (Mnajdara Temple)』。

2つ隣接していて状態が良いので同時公開みたいだ。

他にもポツポツとマルタ島、ゴゾ島内で大小いくつもあるとか。

これらは人類最古の石造建築物で、建造は紀元前4500年〜前2000年頃とされているとか。


MegalithicTemples02.jpg
結構もうぼろぼろ
巨大テントだけで上だけ覆っていても、側面海風で浸蝕されるよなあ、って思うんですけどぉ


MegalithicTemples01.jpg
神殿入り口
どうやってこういう大きな石を運んで積み上げたんでしょうかね
もちろんとうに屋根が壊れちゃってます


説明書きにあったのだが、神殿入り口の向きは計算されて作られている。

神殿内部はいくつかの部屋に分かれていて、ムナイドラの南神殿などは入り口から真っすぐ奥まで光が差す日が春分(3月21日)秋分(9月23日)の2日だけ。

角度を変え左右石室にナイフのように鋭く薄くさす日は、夏至(6月21日)と冬至(12月22日)の1日づつだけなのだ。

まだライトも無い暗い太古の時代に、1年の決まった日にだけわずかな一点の光が神殿奥深くさーっと差し込む。

おそらくそれは祭祀のもっとも盛り上がる厳粛で神々しい瞬間なのだろう。

すげ〜よ、ロマンだよ!



という感じで2カ所巡ったらもうやっぱり3時すぎる。

この日はかなり暑くて、旦那の体力限界な感じなので、もうホテルに戻ることに。

もちろん夕食までの間、またプライベートビーチにて泳ぐ。

毎日夕方泳いで判ったが、夕方5時近くなるとちょと水温も下がってくる(特に深い所は微妙冷たい)し、海風も出てくる。

あまりそれ無視して風邪引いても損だなという感じなので最低でも5時までに帰ってこようということに。

見るべき観光スポットいっぱいだが、あくまでもこのバカンスの目的は地中海で泳ぐ事なので。

お出かけ記Comment(2) | Top ▲

コメント

青の洞門

旦那様の体調復活が早くて、よかったですね。

さすが青の洞門、美しいですねー!
う~ん、この色、すばらしい。
切り立った崖もいいですよね‥

巨石文化があったんですね。
夏至と冬至、そのために一体どうやって‥

地中海で泳ぐのが目的のバカンス、目的達成でしたね。
‥青の洞門て聞くと、大分の‥
って最初は思い出しましたけど^^;


No:240 2014/08/07 05:32 | sana #uaIRrcRwURL[ 編集 ]

>sana 様

旦那なんとか歩ける感じなだけで、せっかくの旅行が勿体ないと、無理してたみたいです。
こういうときは時間単位でスケジュール決まっているパック旅行じゃなくて、ほんと良かったなとおもいましたよ〜。

ま〜ここだけでなく、このあたり全域海が汚されていなくて、美しいからの産物なんでしょうね。
スキンダイバーのメッカとも云われていますよ。
あっちこっちで何とか人が下りられそうな崖に、そういう人達見ましたよ。
自分的に羨ましく仕方なかった。

日時や方角を特定する考えられる方法としては、太陽や月星の位置とかそれに照らされる影とかでしょうね。
巨石神殿群には展示博物館が併設されていたので、そこで運搬法とかの解説ありましたけど、フォークリフトがあるわけじゃないしねぇ、すごい気の遠くなる時間かかってるでしょうね。
ここいら温暖で人の住むのに良い条件の地中海全域、色々な文明の跡があるのでしょうね。
歴史に無知なので新鮮で感動もひとしおでしたよ。


No:241 2014/08/07 13:18 | Melusine♪ #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。