FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

パリ小旅行(その3)

2014/09/10 13:36 

ホテルはかの有名な『ムーラン・ルージュ』から徒歩ですぐの裏通りにある、こじんまりとしたけれど快適な所だった。

まあ大体において値段と立地、それから今はネットでの評価を参考にいつも選んでいるわけだが。


MoulinRouge.jpg
ムーラン・ルージュ
夜になるとこの赤い風車がネオンで輝きながら廻っていた


ホテルで一息ついて、時間が勿体ないのでどこかにすぐ行こう、でもどういう風に廻ろうかと、と時短にこだわる割には相変わらず無計画な我が家であった。



もういいや、今日は最も象徴的なところへ行こう、となりまずは凱旋門へ。

来る前はパリと云ってももどこ行っていいのか、どこ行きたいのかも判らなかったので、とりあえずポピュラーな観光名所だけピックアップしてリストは作成しておいたのだが。

凱旋門は思ったよりも2倍位大きかった。


ArcdeTriomphe.jpg
実際に見るとそれなりの迫力が有るのであった


凱旋門はそこを中心に放射状に12方向に伸びる道路の真ん中の広場に建っていた。

(※元から知識が無いのにつまらない要約、知ったかぶりしてもアレなので、これからほぼ行った先wikiをリンクさせるw)

実際に近づいてみると、門内側に文字が書かれていて、これはかのナポレオンの勝利凱旋理由がざっと書かれているらしい。


ArcdeTriomphe02.jpg
だが読めない

ArcdeTriomphe03.jpg
内側はこんなになっている、という感じで


さてここ、てっぺんまで上ることが出来る。

外側写真だけならミュージアムパスなんか要るはずが無い。

パスで中に入場し、内部には土産物屋まで出来ていた。

いや違う、土産物屋は結構登った先。

なんと階段のみ、途中一人か二人休める踊り場はあるものの、すべて延々昇りだけ(帰りは下りだけの階段が別に有る)の階段であった。

登り始めて、前日足筋トレエクササイズしちゃったことを思いっきり後悔する。

そうだよね〜、こんなでかいんだもん、果てしなく階段だよね。

旅行前日は体力温存しとけよ、ばかばかあたし。

エレベーターは有るらしいが、それは身障者用のみらしい。

わたしはマゾ、マゾなの、と心の中で励まし(?)ながらやっと屋上に。

しかし、付近市内が360度一望出来る壮観さに疲れも吹っ飛んだ。

登ってみるべきだよな〜。


ChampsElysees.jpg
「オゥ〜シャンゼリィゼェ〜、オゥ〜シャンゼリィゼィ〜」
かの歌でも有名なシャンゼリゼ(Champs-Elysees)通り
お買い物のメッカで世界中のブランド旗艦店が集まってるらしいが、時間的にも金銭的にも余裕無し
上からよく判らない地味な写真撮った〜、だけ

ArcdeTriompheView.jpg
遠くにもう一つ有名なパリの象徴も見える



次に向かった先は、上の写真にあるエッフェル塔(La Tour Eiffel)。

ここはミュージアムパス使えないらしい。

というかチケット無い上に、エレベーターによる入場待ち列だけで長蛇の列である。

待つ気が到底起きず、かといって階段で登るのは無理〜。

ということで間近からの写真だけ〜。


TourEiffel.jpg
なんかおどろおどろしい迫力が
悲しいほどのいやな曇天だったから

TourEiffel02.jpg
真下から見ると(東京タワーと比べて?)意外に繊細な感じなのであった



さて、これからが問題。

既に5時を回って次にどこに行く?となって、(今回の旅行で)行く予定は無かったがルーブル美術館に行くかー、ということになった。

いや、ルーブル美術館に行きたくないわけではない。

美術館・博物館大好きなので、行くなら1日目一杯見たいほど。

だが2泊3日の弾丸ツアーで無理、堪能出来ない、ということで初めから諦めようと思っていただけ。

でももう施設に行くのにはかなり時間ギリギリ。

外から有名な写真でも、と思って行ってみたが、折り悪く雨降りで、ついつい残り30分だけでも何か1点、2点でいいから見るかな〜と欲が出、入ってしまった。

LouvreMuseum.jpg
ルーブル美術館
建築様式外から見るだけでも素晴らしい


そして入ってしまえば、ううむモナリザ見るかな〜、と思うのは当然。



美術館や博物館で己の感覚器官である目でしっかり堪能しない奴ははっきり言って愚か者だと思ってる。

何か感性に訴えてくるものが絶対に有るはずなのだから、カメラを撮ることばかり考えるなんて、って。

しか〜し!


LaJoconde.jpg
柵に阻まれこんな遠くてまともに味わうことも出来ない
単なるはるばる見にやってきました証拠写真撮るしかない!

こんな見方しか出来ず、はっきり言って、ここにモナリザ見に来る価値が有るのだろうかと思ったが、帰ってきてwikiみてびっくり。

過去に何回も頭のおかしな人達にアタック受けてる歴史があった。

なんと絵を覆うガラスは防弾ガラスでもあるらしい・・・・・。

モナリザある意味すごい魔性の美女なんだ。


VenusdeMilo.jpg
ミロのヴィーナス

この彫像も超有名なのに、モナリザとはうってかわって小さい柵だけ、ガラスケースにも入ってない気軽な展示。

しかも周り廻って360度好きな角度から繊細なディテールが見られる。

見る角度を変えれば表情を様々に変化させる魅惑的な美女、さすがは美の女神!


CodeofHammurabi.jpg
ハンムラビ法典
「目には目を、歯には歯を」の元になったものらしい

すいません、これだけはよく判んない。

まあ、芸術品というより遺物だし、いいか。


という感じで、3点を大急ぎで見てきた。

途中高校時代模写(恐れ多くてすいません)したことのあるルノアールとか横目で見ながら、泣く泣く(こういう気持ちになるからパスしたかった)後にする。

館内は想像以上に広い。

他歩き回って疲れてきた身に、追い討ちをかけるようにこの有名美術品鑑賞早廻りはキツかった。



夕飯はホテル近くで摂って、すぐシャワー浴びて寝ようということに。

しかしホテル近くムーランルージュ界隈は、夜になってよくよく見たらびっくりするような猥雑なエリアだった。

数々のバーやクラブなどの間に、露骨な衣装や道具をディスプレイするアダルトショップが多数点在していた。

そうだよね〜、深く考えなかったけどムーラン・ルージュってキャバレーだもんね。

ここ日本で言うと新宿の歌舞伎町じゃん。

は〜しかしこれもパリである。

近くにはモンマルトルの丘が有り、過去多くの芸術家達が活動の拠点としていたエリアでもあるのだった。


つづく

テーマ : パリ、フランス - ジャンル : 海外情報

お出かけ記Comment(2) | Top ▲

コメント

ムーラン・ルージュ、素敵に見えます。
‥確かに、歓楽街ってことではありますよね~。

凱旋門、大きいんですね~。
内側が凝っていて、なかなか趣が。
内部に土産物売り場まであるとは知りませんでしたよ。
見晴らしがいいので、高さがわかりますね。

ルーブル、ゆっくり見て回るのが理想だけど、なかなか。
モナ・リザ、すっかり厳重になってるのですね。
日本に来たときよりすごいかも。
フィレンツェでミケランジェロのピエタ見たとき、ガラス越しでがっかりしました。
何かの標的になってしまうのも、それだけ人を惹きつけるものがあるんでしょうかね。

こちらは過ごしやすい気候になってます。
ただいつ雷雨が来るかはわからないのが当たり前みたいでもあるけど。


No:253 2014/09/23 11:18 | sana #uaIRrcRwURL[ 編集 ]

>sana 様

ムーラン・ルージュはでも、昼はやっぱり観光客がビシバシ写真撮っていたので、一応は観光エリアでしたがw

凱旋門はね、写真で見るとそんな大きく見えないよね。
でもこの全景の写真のてっぺん辺り妙にギザギザして見えるでしょ。
あれ転落防止柵とそこにワラワラ群がって足掛けてる人間なのよ。
手前にわたしが写っちゃってるから対比が判んなくなってるけど、そのギザギザの人間の大きさを考えれば、かなりでか〜い、のだった。

ガラス越しのがっかり感は半端なかったですよ。
ガラス映り込むから、見えにくいし、絵はタッチも判らないものね〜。
でもモナ・リザは日本に来た時にも攻撃されたらしいですね。
その事実wikiで見てとてもいたたまれなくなりましたよ。
まあおっしゃる通り、説明出来ないような人を惹きつける何かが有るから、選ばれた作品として美術館に収まっているのでしょうけどね。

日本は暑い夏が終わり、やっと落ち着いた秋になってきましたか。
あ〜いい気候に帰れて嬉しいです。


No:254 2014/09/23 14:19 | Melusine♪ #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。